新しい家族が増える楽しみを写真に撮って残こう

生まれてくる赤ちゃんへ

素敵な瞬間

新しい命がお腹の中で成長している、家族が増える、愛しい我が子に早く会いたい・・・そういった思いを抱いている女性の顔はとても優しく、素敵な表情をしています。その時期にしか撮ることのできない一枚をマタニティフォトで残しておきましょう。

マタニティフォトを撮るときに知っておきたいこと

妊婦

撮影するのに適した時期と撮り方

思い出に残るマタニティフォトを撮影したい人は、撮影に適した時期や撮影のときにあると便利なアイテムを調べておきましょう。そうすることで、他の人とはひと味違う写真を撮ることができます。

READ MORE
お腹

マタニティフォトの撮影プラン

撮影したいが、料金が気になるという人はプランを調べてみましょう。幾つかのプランがあるため、予算に合わせて選ぶことができます。

READ MORE
妊婦

フォトスタジオで撮影するメリット

綺麗に撮って欲しいという人は、マタニティフォト専門のスタジオに行って写真を撮ってもらいましょう。メリットは沢山あります。

READ MORE
カメラ

スタジオに行く前に確認しておくこと

スムーズに撮影を進めていくためにも、スタジオに行く前に気になる事を確認しておきましょう。料金の支払い方法や、当日持って行った方が良い物などを知っておくと安心です。

READ MORE

妊娠中の素敵な思い出作り

フィルム

その時にしか撮ることのできない姿

妊娠は、女性にとってとても貴重な体験の一つです。お腹の中で大切な我が子を育てながら産まれてくるのを楽しみに待つ、その期間は限られています。その限られた日の思い出を大切に残しておきましょう。

愛しい子供の成長記録を残す

お腹の大きな写真を残すという事は、愛しい子供の成長記録を残すことにも繋がります。産まれてきてからの写真を撮るだけではなく、お腹の中で一生懸命成長している時期の写真も残しておくと、より思い出を深めることができるでしょう。

子供が産まれてくる楽しみを残す

妊娠した女性の表情はとても優しく、美しいと言われています。また、産まれてくる我が子を待つ父親の表情もその時にしか見ることができない優しい表情をしています。大好きな我が子を待つ両親の幸せそうな顔をマタニティフォトとしてしておきましょう。産まれてくる我が子に、写真を通して喜びを伝えることができます。

家族の記念として残す

すでに兄弟や姉妹の居る家庭は、上の子供と一緒に写真を撮ることも一つの方法です。上の子供がお兄ちゃんになる、お姉ちゃんになるという楽しみを写真に残すことができます。産まれてくる我が子と一緒に成長する上の子供の写真も、妊娠期間中にしか撮ることはできません。

とっておきの一枚にするために

素敵な思い出の一枚にするためには、ある程度マタニティフォトについての知識をつけておきましょう。そうすることで、スムーズに撮影に入ることができますし、イメージ通りの写真を写すことができます。

マタニティフォトの事を教えて!

撮影するのはいつでも良いの?

お腹の中に赤ちゃんが居るという主張をしたい人は、安定期に入ってお腹が目立つようになった頃がいいでしょう。多くの人が7~8ヶ月頃を目安に撮影を行なっています。

衣装は自分で用意したほうがいいのでしょうか?

ほとんどのスタジオでは、マタニティフォト用に衣装が準備されています。しかし、衣装を持参した方がいい場合もあるため事前にスタジオに連絡をして衣装の種類を聞いておきましょう。もし、衣装を持参したい場合も確認をしておいた方が安心です。

いつ頃から予約しておいた方がいいの?

人気のスタジオは直ぐに一杯になってしまう場合があるため、マタニティフォトを撮りたいと思っている人は2ヶ月頃前には予約をしておきましょう。そうすることで、撮影当日までにイメージを固めておくことができます。

家族と一緒に撮影できるんでしょうか?

家族も一緒にマタニティフォトの撮影をすることは可能です。旦那さんやお子様と一緒に撮影を希望する人は早めにスタジオに伝えておきましょう。

プランは選ぶことができるの?

撮影プランを幾つか準備しているため、予算や希望に合わせて選ぶことができきます。ベーシックなプランはリーズナブルな値段で準備しているため、気になる人はスタジオスタッフに相談してみましょう。

広告募集中